• 『20億人の未来銀行』著者合田さんが語る

    ビジネスxアフリカ

    2019年4月の勉強会

     

  • 何をやるのか?

    今回は、日本植物燃料株式会社 合田さんにお越しいただき

     

    ・なぜアフリカで起したのか!なぜモザンビークなのか!
    ・起業後に見えてきたアフリカビジネスの現実とは!

    ・現在抱えているビジネスの課題とは!

    などを共有頂きインタラクティブな勉強会を行います。

     

    【部長コメント】

    聞きたいことは沢山あるのですが、「なぜモザンビークなのか」でここ気になりますね!お話がとても楽しみです。

    アフリカには54カ国ありますが、ポルトガル語を話す国は5カ国だけなのです。

    ※アンゴラ、カーボベルデ、ギニアビサウ、モザンビーク、サントメ・プリンシペ

  • 4月26日(金)19:00~21:30 

    グロービス東京校 4階/403教室

     

    今回は40名程度の会議室で実施します。

    調整さんの先着順で受付します。

  • 合田さんとは?

    モザンビークで仮想通貨?!

    合田真

     

    1975年長崎生まれ。京都大学法学部を中退したのち、2000年に日本植物燃料株式会社を設立、アジア・アフリカを主なフィールドとして事業を展開している。2003年にはバイオ燃料の生産を開始。2012年モザンビークに現地法人ADMを設立、無電化村で「地産地消型の再生可能エネルギー、食糧生産およびICTを活用した金融サービス」を行う。

    【レポート】アフリカに「新しい物語」をつくる​

  • アフリカで電子マネーといえばケニアのM-PESA!

     

     

    いやいや、未電化地域でやるからこそ意味があるのです!

     

     

  • こんな方におすすめ

    ※部長の独断と偏見に基づきます

    アフリカとアフリカの課題

    特に東アフリカ、ビジネスで何を解決したいのか?

    (海外での)起業・スタートアップ

    市場規模は?顧客は?アフリカのスタートアップって?

    イノベーション

    テクノロジーの適用範囲やマネタイズ

    テクノロジー

    最新テクノロジー以外は価値がないのか?

  • 参加登録(調整)さんはここから

     

    今回は40名程度の会議室で実施します。

    調整さんの先着順で受付します。